コンサルティングオフィス 人事サポート
Your success our Buisness


トップページ

ご挨拶

賃金・退職金制度構築支援

就業規則等の作成と見直し

助成金・補助金等受給申請

社会・労働保険事務の代行

講演・執筆


賃金・退職金制度構築支援

福祉・介護サービスの皆様へ

会計事務所の皆様へ

プライバシーポリシー


お問合わせ

サービスの特徴

マガジン

主だった助成金・奨励金

お客様の声

リンク

料金表

様式ダウンロード









1.こんな時!

■ 職員、特に看護師の定着率を高めたい。
■ 求人の応募者数を増やしたい。
■ 職場全体でのチームワークを阻害する私的な派閥が存在する。
■ 増え続ける人件費・福利厚生費を抑制したい。
■ 理事長・院長の想いが職員に伝わっていない。
■ 職員の“やる気”を引き出し、患者さん満足度向上につなげたい。



2.お任せ下さい。

 全国医師会勤務医部会連絡協議会における岡山宣言の通り医療機関従事者の労働環境が見直されています。将来にわたり質の高い医療 サービスを提供するためには、雇用の質を高めなければなりません。平成26年6月の医療法改正においても、質の高い医療サービスを提供 するための職場環境の整備である「医療機関の勤務環境改善システム」が制度化されました。
 しかし、理事長・院長が職員たる「人」の問題 で必要以上の時間を取られるならば、理事長・院長の本来するべき仕事が疎かになる懸念があります。

 医療機関の業務は、医師たる理事長・院長だけでなく、多くの職員の力が必要です。どんな優れた経営戦略(理事長・院長の想 い)があっても優秀な人材(財)がいなければ機能しません。そして、その優秀な医療スタッフの人材確保は今後ますます深刻なもの となるでしょう。

 戦略が必要条件であるならば、人材は十分条件です。患者満足度を高めるためにそのサービスの提供者たる職員の満足度を高め、 その結果として医療機関が成長、発展するためにも、職員一人ひとりの“や る気(内発的動機)”や“働きがい”を引き出し、その能力を最大限に発揮してもらう職場環境の整備が求められています。

 病院・診療所(クリニックにおける)人事・労務管理の一般的な特徴としては、
@ 医師、看護師などの資格免許による専門家意識が高い反面、組織への帰属意識は低い
A 女性職員が多い職場である
B 恒常的に医師・看護師等の医療スタッフ不足である
C 各職員の能力と“やる気”が患者さんに直接伝わる職場である
が一般企業と異なる点として挙げられます。

 当オフィスでは、これらの特徴を充分に捉えた上で、他の病院・診療所(クリニック)と差別化を図るためにも、 募集・採用から人材育成、職場の活性化まで、さらには賃金・退職金制度の整備等によって、 組織風土を改善し、人材育成を図る総合的な人事制度をご提案するとともに、その構築にお手伝いしてまいります。


ページ先頭へ

(C) Copyright   Consulting Office Jinji Support