コンサルティングオフィス 人事サポート
Your success our Buisness


トップページ

ご挨拶

賃金・退職金制度構築支援

就業規則等の作成と見直し

助成金・補助金等受給申請

社会・労働保険事務の代行

講演・執筆


病院・クリニックの皆様へ

福祉・介護サービスの皆様へ

会計事務所の皆様へ

プライバシーポリシー


お問合わせ

サービスの特徴

マガジン

主だった助成金・奨励金

お客様の声

リンク

料金表

様式ダウンロード






(H29.4.1現在)
【助成金・奨励金一覧表】

  厚生労働省が管轄する事業主を対象とした助成金・奨励金の全体像です。

1.特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者雇用開発助成金)

  障害者、母子家庭の母などをハローワーク等の紹介により、継続する従業員として雇い入れ、相当期間雇用することが確実と見込まれる場合に支給されます。

2.特定求職者雇用開発助成金(高年齢雇用開発特別奨励金)

  雇入れ日の満年齢が65歳以上の離職者をハローワーク等の紹介により、1週間の所定労働時間が20時間以上の労働者として1年以上雇い入れる場合に支給されます。

3.トライアル雇用奨励金

  業務遂行に当たっての適性や能力などを見極め、その後の常用雇用への移行や雇用のきっかけとするため、職業経験、 技能、知識等により就職が困難な求職者を試行的に原則3か月の短期間雇用する場合に支給されます。

4.職場定着支援助成金(個別企業助成コース)

  「重点分野関連事業主」が雇用管理制度(評価・処遇制度、研修制度、健康づくり制度、メンター制度)の導入等を行い、人 材の定着・確保を図った場合に支給されます。このうち介護関連事業主の場合は、介護福祉機器の導入等も助成対象となります。

5.キャリアアップ助成金(正社員化コース・人材育成コース・処遇改善コース)

  有期雇用労働者等、または派遣労働者の直接雇用を行った、職業訓練を行った、または賃金水準の向上をはじめとする処遇改善を図った等の事業 主に対して支給されます。

6.両立支援等助成金

  雇用する労働者の職業生活と家庭生活を両立するための制度や女性の躍進のための取り組みを行う事業主に対して、以下の助成金が支給されます。
T 出生時両立支援助成金
  U 介護離職防止支援助成金
  V 中小企業両立支援助成金
  W 女性活躍加速化助成金   等

7.キャリア形成促進助成金

  雇用する労働者のキャリア形成を効果的に促進するため、以下の体系で構成される助成対象訓練の実施等を行う事業主に支給されます。
T 雇用型訓練コース
  U 重点訓練コース
  V 一般型訓練コース
  W 制度導入コース

8.その他
 


ページ先頭へ

(C) Copyright   Consulting Office Jinji Support